車いす対応型すべり台

ホーム > 車いす対応型すべり台

車いす対応型すべり台 (特許出願中)

車いすから自力で避難できる業界初のすべり台を開発しました

開発コンセプト

・介護保険で車いすを使用している人は73万人もいますが、火災などの避難には介助者が必要でした。
・(株)富士産業は自力歩行が困難な人も自力歩行できる人も兼用で使える避難用すべり台を開発しました。
・火災などの災害時には避難時間が生死を分けます。 
 この車いす対応型すべり台なら歩行困難な人も自力でスムーズに素早く避難できます。
・既設のすべり台にも後付けで取り付け可能なタイプがあります

<従来の最上階乗込み部>

<車いす対応型の最上階乗込み部>



車いすからの乗込み


歩行可能な人も乗込み可能


<従来の途中階乗込み部>

<車いす対応型の途中階乗込み部>



車いすからの乗込み


歩行可能な人も乗込み可能


従来の避難用すべり台で車いすの人が避難する場合

<従来の避難用すべり台の全景>  <避難口・避難用通路>

 GL-A1W型(3階用)          ※バリアフリーとなっています

<従来の避難用すべり台乗込み部>

※車いすから自力では避難できません



※車いすの人は最低二人の介助者がいなければすべり台に乗り込めません


<動画解説:従来の避難用すべり台で車いすの人が避難する場合>

 

車いす対応型すべり台で車いすの人が避難する場合

車いす対応型最上階乗込み部


乗込み部


車いすで乗込み部に近づきます



車いすから乗込み部に足を置きます


乗込み部にお尻を乗せます



すべり台に乗込んで滑り降ります


<動画解説:車いす対応型すべり台で車いすの人が避難(最上階)>


車いす対応型途中階乗込み部


乗込み部


車いすで乗込み部に近づきます



車いすから乗込み部に足を置きます


乗込み部にお尻を乗せます



すべり台に乗込んで滑り降ります


<動画解説:車いす対応型すべり台で車いすの人が避難(途中階)>


従来の避難用すべり台への取付

<既設途中階への取付前>

<既設への取付作業>


<既設への取付作業完了>

<動画解説:既設避難用すべり台の車いす対応型へ取付(途中階)>


火災時の避難時間の試算(社内測定結果による)

これまでの避難用すべり台よりも車いす対応型すべり台となることで避難可能な人数が格段に増えます!

車いすからすべり台への乗り込み時間①→ 9~18秒/人
地上まですべり降りる時間②→ 4~5秒/人
車いすの人が地上まで降りる所要時間①+②→13~23秒/人
避難能力の試算結果→10分で26~46人が避難可能
 


<動画解説:避難時間の試算>